Archive

日々のこと・everyday

なんと、このブログに以前にポストを載せてから2年以上が経っていました!

twitterでつぶやき始めると140文字以上を書くのが次第におっくうになり、そののちFBで写真をたくさん掲載できるようになるとこっちが便利!と乗り換え。まとまった文章を書かなくなるのはわたしの日本人らしさの衰退なので、ここで気持ちを新ため、レポートを再開します。

この印刷物は、2008年の4月(ほぼ9年前!)にも紹介した、もう10年以上配、毎週配達してもらっているRiverfordの有機野菜の箱に入って届く、生産地からのニュースです。

riverford news

執筆者のGuy Watson氏は、今ではずいぶん大きな産業に育った有機野菜デリバリーの草分けです。1993年に Riverford を始め、共労する有機農園を少しずつ増やし、フランスやスペインにも農地を広げて活動を続けています。このごろはBBCのラジオ番組で食の安全について話すほどの有名人なのですが、今もこうやって消費者のためにニュースを書き続けています。

ニュースでは、雪が降って作業できないくらい農地がぬかるんだり、ぜんぜん雨が降らなくて次の季節の水を心配したり、ある種類の野菜が思わぬ大収穫で売りさばくのに困ったり、という現地の出来事がレポートされ、さらにオーガニック野菜を取り巻く社会の変化、まだ続く合成肥料や化学薬品での害虫駆除が大地にどんな影響を地域に与えるか、どんな新技術が有機農園の経営を助けるのか、という社会的なことも伝えられます。

同じくらいの金額を支払うなら、見た目とコストパフォーマンスで商品を選んでいる大手のスーパーよりも、地域の保全を考えながら体にも良い野菜を生産する人たちから直接買い物をしたい。そう思って始めたこのデリバリーは、野菜の味がものすごく良い、という最大のメリットと、意識的な消費で地域を助けるというポイントに付け加え、毎日の消費がわたしたちを取り巻くグローバルな環境と直接つながっていることを思い出させてくれる、大切なメディアなのです。

ニュースレターは RiverfordのHPで読めるアーカイブにもなっているのですが、土だらけの野菜と一緒に届けられる、汚れてよれっとしているこの印刷物(もちろん堆肥OKの有機インク)が一番、現場の雰囲気が伝わって土の近くにいる感触をくれます。

Ooops it was more than 2 years ago when I last posted an article here!

Twitter made me not to write more than 140 letters, then Face Book made me even lazy, as numbers of pictures replaced text or comments.  To prevent me forgetting my mother tongue Japanese, I start to write again!

The image above is newsletters delivered with vegetable box from Riverford – I posted once about their veg in 2008 ( 9 years ago! ).

The author of these news is Guy Watson, who has started this venture of organic veg box in 1993.  This organic veg box delivery has grown enormously since, and we hear his voice on BBC radio 4 sometime – but still he keeps writing what is happening at the farming front to his consumers.

We read about how snow make we soil and affect efficiency of cropping or farmers are worrying next season if we have little rain.  Sometime, we learn how farmers struggle to sell when they have unexpectedly good harvest of some vegetable.  Adding to those everyday matter, Guy tells us about social shift around organic issue and how still huge company dominates chemical farming reality.  It is amazing to know some latest technology, such as GPS improve small farmer’s efficiency.

I decided to use Riverford because I want to pay same amount of money to smaller and ethical farmers rather than the gigantic supermarkets.  The largest pleasure is of course the taste of vegetable – and it became an important media for me to realise our consumption is directly related to our global environment.

You can read Guy’s letter in the archive – but for me, this mud dirty wrinkled paper delivers the best feeling that my thought is sometime near the earth.

スタジオの裏庭にゼラニウムがたくさん咲き、花びらが散ったあとに、先がくるくると丸まったかわいいものが出来ているのを発見。

I found a few little ‘seed dispersal mechanism’ after a lots of pink Geranium flowers have finished.  They are formed by delicate spirals and the ‘heads’ are empty if you give it a close look.

gera00gera01よく見ると、花のつけ根の部分がふくらんで、緑色から褐色に変わっていき、その後に細長く伸びた中心(花柱と呼ぶそうです)が5つに割れる感じにめくれて、この形になるようです。くるんとなった時には、種に見えるのはもうカラで、中の種はどこかに飛んでなくなっている。

After the flower, the bottom part of petals are grown into five green round containers, turn into brown.  Then the central ‘style’ will be split into 5 strips, curled up and throw seeds away.

gera02gera03いくつか根元のふくらみが残っているものを切り取ってデスクの上に置いておいたら、しばらくして「ぱさっ」というかすかな乾いた音がして、硬い種がころころと転がったのです。3センチ足らずの花柱が乾いて反る力で、3メートルも遠くに種を飛ばす。地味な花のゼラニウムが、気付くと日陰で群生しているのは、この飛ばし機能でテリトリーを広げるからだったのですね。

I picked one ‘throwing-in-progress’ head and put it on my desk.  A a few hours later, I heard a tiny pop sound and a seed was thrown more than 3 meters.  Amazing way to expand its territory!

gera04かわいいだけでなく、おそるべし自然。

そういえば、たまたま通りかかったINAXギャラリーの『種子のデザイン-旅するかたち』という展覧会が時間を忘れるほど面白く、カタログを買っていたことを思い出してしばし読みふけりました。

This little but genius mechanism reminds me of an exhibition I saw in Tokyo, which catalogue shows a lot of exotic tree seeds which travel the long distance.

gera05この本に出てくる南国のエキゾチックな植物でなくても、身の回りで普段目にしている花や雑草にもこんな生命力がある。雑草のように茂っているゼラニウムに、なぜか元気づけられるのでした。

Somehow they give me a feeling of vitality.

震災から2年が経ちました。
世界は3.11を忘れたか、、?わたしは、まだ世界は日本を見ていると思います。ある豊かな文化が津波に流された記憶は、技術が発達しても命や財産を守りきれない自然災害への危惧を残し、フクシマが未だにそのままであることに、高度に発達した経済社会のかかえる「病理」のようなものを見ていると思う。

フクシマの現実を目の当たりにした世界の各国では脱原発の動きがはっきりと進んでいるのに、日本のエネルギー政策がまだ原発を走らせつづけようとしている事実と、それを阻止できない賢いはずの国民。「いつか、開発が追いつくはずだった」核廃棄物の処理の目処がいまだに立っていないことを無理やり意識の外に置いて、決断を先送りするのは、そろそろ止めるべきなのではないか。

経済成長していた時期の日本には、巨大なコンクリートの塊に放射性物質を閉じ込めてその中で発電をしよう、石油に頼らないエネルギー源が必要 だ、という論理が普通だったと思います。反対する人は、原爆の被爆地である広島でさえマイノリティーだったと思う。核廃棄物をどうするのか決まっていないけど、ともかくしばらく眠らせておけば、いつか技術が解決するだろう。そんな楽観が経済をもっと成長させ、発電所は増え、製造業も発展して会社はのきなみ大きくなり、わたしたちの父母の世代の多くはその労働をたたえられ、たっぷりとした年金でリッチな老後を暮らしています。

でも、時代はすっかり変わってしまった。核廃棄物の処理方法は見つからず、物を作り続け売り続ける経済行為がどんなに地球の資源を枯渇させているかが明らかになり、今は限りのある資源をどれだけ存続させ、次世代に残せるかが問われる時代になっている。生活の根本を見直す必要があるのではないか?価値観の転換ぐらい大きな、意識のシフトが必要なのでは??そんな時に3.11とフクシマが起こったのです。

no genpatsu昨年7月の最後の金曜日に、わたしは首相官邸前の反原発デモに参加しました。集まっていた人たちは、想像していた「デモを煽動する左翼の活動家」みたいな 人はほんとうに少数派で、多くはオトナで知的でした。深く考えずに今まで放ってきたことが間違っていた、その事に気付いた人たちが反省の気持ちを抱え、 今、この時点でどうにかしなければと思って集まっている、、、そういう印象を強く受けました。

この抗議行動に参加して、日本も変わっていくのかも、、、と希望を持ったのです。こうやって、変えなければと思っている人たちが存在する。職場を少し早く出て、地下鉄口が閉鎖されているからひとつ手前で降り、暑い中汗をかきながら歩いて、官邸にとどくよう声を上げたり無言でじっとプラカードを掲げていたり。

震災の日を翌日にひかえた10日、「金曜日の首相官邸前抗議」を主催している首都圏反原発連合が呼びかけた反原発の集まりに、この毎日新聞の記事では4万人が集まった、となっていますが、日比谷公園屋外音楽堂でのこの写真を見ると規模はもっともっと大きかったと思う。

わたしは遠くに居て、もどかしく見ているだけで何も力にならないので、こうやって静かに抗議する人たちの勇気、間違いに気付いてそれを修正したいという願いを、多くの若い人たちにも知ってもらいたいと思って、ここに書き残します。

デザイン業界に生きていると、ものを作って売り続けることで会社を存続させよう、その会社で働く人、製造の一端を担う下請けの人たちの生活も守りたいと踏ん張っている経営者たちの奮闘に、毎回出会うことになります。そんなクライアントたちの願いと、それとは反対なベクトルを持つ「次世代につなげるための社会」への修正を、どうやっったら並走させられるのか。しかもそこに、自分の職能であるデザインを使うことで何かポジティブな変化を起こす可能性はあるのか?

わたしはまだ、なんの答えも持たずに日々迷走している。それが今の正直な気持ちです。

お気に入りのカフェで、野菜プレート(小)とパンを食べる。カトラリーはDavid Mellorの’Café’シリーズ。でもこのカフェ、近ごろとっても混んでいて、並ばないと座れないこともあるのです。なので、場所はひ、み、つ!

***

My favourite Veg Plate ( small ) with bread at my favourite cafe in central London.  It is getting really busy these days and I have to queue up to sit down sometime.

エリザベス女王の戴冠60年記念のお祝いで、街中にユニオンジャックがひるがえっています。ショップのディスプレイにも国旗がはたはたと。ちょっと食傷気味ではありますが、中にはセンス良い飾り付けもあって、そういうのを見つけると嬉しい。赤、青、白の三色の紙でブーケを作って飾っただけなのだけど、古い手押し車との組み合わせが素敵で、なぜかイギリスぽい。

***

Golden Jubilee decoration is found everywhere in town.  A little sick of seeing all of those flags fluttering… but some of the shop windows make me smile.  This one is subtle and nice – just three coloured paper flower, but choice of what they are on is rustic and nice.

年の始めに「今年はもう少しアップします」と記したのに、ブログの更新は2月以上の間隔が空いてしまいました、、。見たもの、行った場所から考えたことがたくさんあるのに、どこから手をつけたらいいの?という感じなので、師走になった今、まずは今年の「発見」から。

一つ前のポストで触感について書きましたが、 触覚とあわせて最近とても興味があるのが「嗅覚」です。デザイナーとして「視覚の快適さ」をいつも意識していますが、嗅覚は忘れられがちだなぁ、とふと思い、ではもしも「匂いのランドスケープ」についてもっと意識したら世界はどう見えるかな?と思った。そんな時に手にとって、面白い世界の見方(かぎ方?)を教えられたのが、この本です。

『調香師の手帖(ノオト)』-香りの世界をさぐる-
中村祥二著・朝日文庫 2008年出版

資生堂で長年香りについて研究をし、香水を調香する専門家としての著者が「香りやにおいをめぐる新しい心の文化を模索しようという人たちのために、何らかの意味を持てば」という意図で書き下ろされた随筆です。自身の体験からつむがれた言葉で匂いについて説明したい、とあとがきで語られているように、読みすすむと追体験をしているような錯覚にかられ脳内に匂いが立ちこめる。それがわたしの楽しい読書体験でした。

そして、この本をガイドとして少し実体験をしてみているところです。

ひとつは全く未知の世界だった香水に手を出し始めたこと。
文中で触れられていたある香水の「単一のウッディー・ノートを特徴にした上品で優雅な香り」というものをかいでみたく、そして香水は「身にまとって」みないとその効果を感じられない、ということばに納得し購入。あまりにもビギナーで経験が浅く、他のものとの比較がまったくできないこともあり、感想は「うーん?」というところ。西洋人だと、自分の体が発する匂いと混ざっていわくいいがたい香りになるのかなぁ、わたしは香水に負けている?という気がするのです。もしかすると、香水は自分が楽しむというよりも、同席する他の人たちに向けたメッセージなのかも?と思ったり。

もうひとつは、近年たのしんでいたお香の世界にもう少しだけ歩を進めてみたこと。
お香は同じものを使い続けるよりも、違うものをあいだに使うと鼻が覚醒される、という言葉にふむふむとうなずき、インテリアの一部のように使っている松栄堂の「堀川」のルーティーンに「天平」を足してみました。これはとても興味深い効果で、時に違う匂いをかぐと、慣れ親しんでいると思っていた匂いの新しい要素のようなものに気付いたり、残り香を調整するため使う量を変えてみたりと、自分にとってもっとも心地よい匂いについて、考えさせてくれます。

さらに香木そのものをかいで(専門的には「聞いて」?)みたくなり、でも炭を熾して仕立てる本格的な聞香の手間はおっくうなので、小さなヒーターで暖める携帯式の香炉を試してみました。白檀と沈香の小さなかけらそのものから、すぅっと立ちのぼる香り。これは、驚きです。自然のちょっとした偶然の作り出す物質が、暖められるだけでこんなに強い匂いを放ち、それを古代の人が見つけて大切に使ってきたこと、、、。悠久の時間に思いを馳せるきっかけをくれる香り。つい、他の普通の木はどんな香りを放っているのかな?と手に取るすべての木材をくんくんしてしまうような。

鼻をもっと鍛えたら、自分の周りの感覚地図はかなり違ったものになってくるなぁ、という、不思議な予感をくれた本でした。新しい感覚地図と、毎日のデザインの仕事がどう重なるのか?については、まだまったく予測不可能なのですが。