正しい足元


Vitra Design Workshopに持って行ったパタゴニアのサンダルは、正解でした。コルクの底が足に馴染んで脱げにくく、底がしっかりしているので砂利道や草原も歩きやすい。空気が通って涼しく、朝露の冷たさなんかもちゃんと感じられる。感触が楽しいので、わざと草原をつっきって歩いたり。

イギリスの森では夏でも「muddy boots」を履かないとどろんこになるから、その感覚で厚底のトレッキング靴を持って行った時は、同じ場所でも歩いた印象がずいぶん違った。スニーカーの底が薄すぎた年、ビーチサンダルで指の股にマメを作った年などを経て、4度目にして初めて、ふさわしい足元で一週間を過ごしたなー、と思います。

ロンドンに戻り、まだ枯れ草のついているこのサンダルを履いてあの空気を懐かしんでいるのだけど、どうもしっくりこない。スタジオでは足元が冷えて落ち着かないし、外を歩くと横滑りする。なぜ?と思ったら、歩く速度がまったく違っていたのでした。あんまり治安のよくない仕事場の近所では、せかせかと先を急ぐ歩き方になっているみたい。

場所と靴の関係は、歩いている表面の質感や温度や湿度だけではなく、どんな気分で歩いているかも関係するのですね。まさに夏休みの足元だったんだ、このサンダル(仕事してたんですけどね)。

I took this woven sandal to Boisbuchet, at Vitra Design Workshops this summer. It was so appropriate and I had different experience from other type of shoes I took early years. Thick soled tracking shoes did not give me nice moisture impression from walking on wet morning grass fields. So, I walked wherever not surfaced, enjoyed temparature, texture and hairy grass on my feet.

Now, I am back to my studio in London, wear these shoes and miss the atmosphere of Boisbuchet, but they do not react in the same way – I feel cold from foot in my studio, also slippery when I walk neighbourhood in this pair. Why? I realise that speed of walking is much faster in town, esepecially in rough quarter of London. I am not totally relaxed here, so this pair of sandales are for special occasion. It was perfect at Boisbuchet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: