Cityサイクリング


パートナーが所属している「veteran cycling club」の集まりで、海外からの参加者を観光案内しつつ、古い自転車ばかり20台でロンドン市街をサイクリングしました。朝はセントポール寺院に集合。ペニー・ファーディングと呼ばれる、前輪が大きくて後輪が小さい1880年代の自転車も6台参加。ほとんど観光アトラクションみたいな集団で列を作ってタワーブリッジを走り抜けたりするのはなかなか楽しいものでした。


こういうイベントで乗るわたしの自転車はこれ↑。イギリスのSpark Brook社、1907年製。相当錆びさびだったのを、パートナーがリストアしてサドルとタイヤも替えてくれた。これが、驚きの乗り心地の良さなのです。背筋が伸びたポジションで、シングルギアなのに坂道でもとても軽い。快適さでいうと、100年前に自転車はすでに「完成」していたのかもしれない。


バッキンガムパレスで衛兵交代を観た後ハイド・パークに向かう。左の黄色いペニーに乗ってるのはドイツ人、右のおまわりさんのコスチュームはアメリカ人。でも、観光客にはロンドンの風景に見えるかも。


あちこち走って、夕方にはシティのパブでビールを一杯。古風なパブには古い自転車が似合う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: